引越し前日・当日・荷物を入れる前に確認すべきこと

 

さて、引っ越しまでにしておくべき手続きは一通りチェックしましたか?

 

新居の確定と手続き以外で、前日までにしておく事はどういうものでしょうか?

 

あるいは、どのように行動すべきなのでしょうか?

 

まず、引っ越しの主人公は、あなた自身を除けば運ばれる荷物です。

 

その荷物を運ぶための荷造りは終わっているでしょうか?

 

新居では不要になるものの処分は終わっているでしょうか?

 

引っ越し前のご近所への挨拶は終わっていますか?

 

 

業者に荷造りを依頼している場合は別ですが、
自分たちで荷造りをする場合は
引っ越しの前日までに荷造りを終了しておくことが理想です。

 

直前まで使用する一部のものをバックに入れるだけで
良い状態にまでしておきましょう。

 

引っ越しの前日は食器などもすでに荷造りされていますから、
食事は外食や弁当などの調理する必要の無いものにしましょう。

 

出前を取るのも良いかもしれません。

 

引っ越し業者に作業を依頼している場合は、
引っ越しの2日前までに確認の連絡があります。

 

その時に変更したい点がある場合は伝えておきましょう。

 

特に荷物が増えてしまった場合などは、早めに伝えておきましょう。

 

そして、引っ越し前には現金を用意する必要があります。

 

引っ越し業者への支払いもありますし、
自分が新居へ移動するための交通費や食事代などが必要になります。

 

なるべく、余裕のある金額を準備したほうが良いですね。

 

業者への支払いのタイミングは、その業者によって色々違いがあるようです。

 

事前にきちんと確認しておきましょうネ。

 

 

そして、引越し当日。

 

今まで数々の準備やら手続きやらに忙殺されてきたのは、
全てこの日のためにやってきたことですからね。

 

引っ越し当日にも色々とやるべき事があります。

 

荷物を運び出すまでに確認しておく事や、
荷物を運ぶ順序、運び出したあとの確認などを確実に行っておきましょう。

 

まずは荷物を運び出す前の確認です。

 

業者との連絡をスムーズにするために、
携帯電話は十分に充電しておきましょう。

 

また引っ越し終了後に支払う金額でトラブルが起こらないように、
契約書をきちんと確認しておく、
引っ越し先の住所を、いつでも確認できるようにメモしておく、

 

引っ越し業者のスタッフが来る時間を確認して、
それまでに身支度や食事を済ませておくことも大切です。

 

いよいよ業者のスタッフがやってきて引っ越しが始まります。

 

最初に行うのは打ち合わせです。
どのような流れで作業を行うのかの最終確認をしっかりしておきましょう。

 

打ち合わせの内容に沿って荷物を運び出したら掃除をし、
公共料金(電気やガスなど)の支払いを予約していた場合は支払いを行います。

 

これらが終了したら、
押入れやベランダなどに運び忘れたものが無いかなどを確認しましょう。

 

この後、
賃貸物件の場合は管理会社へ物件の引渡しを行う必要があります。

 

事前に管理会社へ連絡を入れて、
引っ越しの終了時間をきちんと伝えておきましょう。

 

そうしておけば、お互いが時間を無駄にすることを防ぐことができますから。

 

また、新居に荷物を入れる前に確認しておくべきこととして、
旧居から荷物が運び出されてから、新居に荷物が届くのはいつか。

 

それは引っ越しの距離やプランによって違ってきます。

 

新居に荷物が届くまでに時間があるようであれば、
事前に確認しておきたいことがいくつかあります。

 

おそらく既に新居の中を下見をしているとは思いますが、
念のためもう一度確認しておきましょう。

 

壁のしみやフローリングの傷などをできるだけ細かくチェックして、
気になるところがあればカメラで撮影しておきましょう。

 

管理会社も事前にチェックをしていますが、
チェック漏れがあった場合、
退出時にこちらが補修費用を負担することになってしまいます。

 

確認が終了したら簡単な清掃をしておきましょう。

 

新築物件の場合は必要ないかもしれませんが、
掃除をしておくと気持ちもあらたに新生活をスタートさせることができます。

 

また、基本的には入居が決まった段階で、管理会社が清掃をしているものですが、
なかなか入居者が決まらなかった物件の場合、
案外細かいところにほこりが積もっていたりするものです。

 

いずれにしても、これから自分がお世話になる部屋なので、
自分の手で掃除をしておきましょう。

 

掃除が済んだら防虫対策もしておきたいところです。

 

ボタンをプッシュするだけで部屋全体を殺虫してくれるタイプの殺虫剤を
荷物が入るまえにしておきましょう。

 

ただし、新居が賃貸マンションだった場合は、
管理会社や大家に許可を求め、煙が出ないタイプのものを使用しましょう。

 

業者によっては、
防虫対策やハウスクリーニングをオプションで行ってくれるところもあります。

 

確認しておきましょう。