引越しの荷物の運搬

 

引っ越しの際の荷物の運搬ですが、
最低限の手まわりの品々を、ごく近距離の場所に運ぶだけならともかく、
大きな家具や家電製品などの場合は、
なかなか自分だけで運べるものではありません。

 

友人に手伝ってもらうのも一つの方法ですが、
一般的には引っ越し業者に依頼することが多いでしょう。

 

特に、県をまたぐ移動をする場合や、家族が複数いて荷物が多い場合などは、
引越し業者にまかせる方が安全ですね。

 

また、近距離であったり、単身者で荷物が少ない場合であっても、
体力に自信が持てない人は、業者に依頼した方が無難です。

 

ただし、
全てを引っ越し業者任せには、しないほうが良いでしょうね。

 

細かいものや貴重なものなどは、出来る限りは、
自分で梱包して、自分の車や友人の車等で運んだほうが安心です。

 

また、一番の問題は、全てを引っ越し業者任せにしてしまうと、
どこに何が入っているのか分からなくなってしまいます。

 

まあ、単身の引越しやそれほど荷物が多くない場合は良いでしょうが、
荷物が多いということは、それを梱包するダンボールが多いということです。

 

私の家族の場合は、
梱包は全部自分たちで、おこなったですが、
中に何が入っているか、ダンボールの上にしか書かなったのです。

 

新居について、
引越し業者に家の中に入れてもらったのはいいのですが、
ダンボールをドンどこ、ドンどこ積まれたのです。

 

私が、「とりあえず、そこに積んでおいてください。」と言ったので、

 

引越し業者は悪くないのですが・・・・・

 

あとで、大変困りました。

 

 

なぜだか、分かりますか?

 

ダンボールの上にしか中に入っているものを書きませんでした。

 

とりあえず、空いている部屋に荷物を積みました。

 

そうです。

 

何が入っているか書いてある上の面が出ているのは、
一番上のダンボールだけなのです。

 

それ以外のダンボールは、ヨコの面しか出ていないため、
どのダンボールに何が入っているか
確認するのが、大変なことになってしまったのです!

 

皆さんも気をつけましょうね。

 

そんなドジなことはしないですかね。

 

 

話を戻しまして、
引越しの際の荷物の運搬ですが、

 

先ほども言いましたが転居の際に不要なものが出てきた場合、
引っ越し業者によっては無料で引き取ってくれることもあるので、
処分のことも考えるなら業者に依頼する方が良さそうです。

 

もしそうしない場合や、
依頼した業者が引き取ってくれない場合は、
各自治体の廃棄物の基準に沿って処理するか、
中古品買取業者に売り払うなどの手配を、
引っ越しの準備期間中に行っておく必要があります。

 

売れる物なら、売って、少しでもお金になったほうが良いですよね。
物が色々あれば、けっこうな額になるんじゃないですか。
こちらのページで色々な物の中古品買取業者をご紹介しています。
参考にしてください。

 

さて、荷造りや荷解きは、できるだけ間を空けずに行いましょう。
荷造りしてしまった荷物は、後から使いたくなっても出すことはできませんし、
新居に運び込んだ荷物は、すぐに生活をするためには早く解く必要があります。

 

可能であれば、
荷造りから荷解きの間をできるだけ短くするようにしましょう。

 

あまりにも荷物が多くなってしまう場合は、
あえて処分しておいて、転居先で補充するというのも一つの考え方ですね。